子どもが好きを仕事に|疲れた人の身体を癒すセラピスト|資格を取得して人助けをしよう

子どもが好きを仕事に

女性と子供

専門性の幅を広げることも

子どもが好き、子どもに関わりたいという人に人気のある職業の一つとして保育士が挙げられます。保育士は児童福祉法に基づく国家資格で、保育園をはじめとする児童福祉施設などで勤務します。保育士資格を取得するためには養成学校(大学、短大、専門学校など)へ入学して卒業するか、国家試験を受験して合格する必要があります。子どもに関わる仕事をしたい人は今も昔も多く、保育士養成学校は人気のある学校の一つです。最近では保育士以外にも、教員免許や社会福祉士、介護福祉士などといった資格を併せて取得できる学校も増えました。また、現役の保育士も福祉系や心理系などの資格を新たに取るなど、専門性の幅を広げようとしている人も多いです。

忙しいけれど充実できる

保育士養成学校は履修する科目も多く、また音楽や図画工作、体育などといった実技も多いです。行事を多く行っていることも多く、更には実習にも長期間に渡って行く必要があることから忙しい学生生活を送ることになります。しかし、保育士として社会に出ると他のスタッフと協働して働くことが多く、チームワークが必要です。学生生活もチームワークで行う内容が多く、忙しくも充実した日々を送ることが期待されます。これだけ忙しいとアルバイトもできないのでは、と思う人もいるかもしれませんが、アルバイトをしながら学校へ通う人もたくさんいます。保育園の保育助手や、福祉施設などでアルバイトをすることもでき、いわゆる「現場」を体験しながら学ぶ学生も多くいます。忙しさを充実に変えることができると、保育士養成学校での生活は魅力的なものになることでしょう。